テーマ:音楽

Cat Andersonとの苦い思い出

この思い出については何年か前にmixiの日記に書いたものですが、この時のCatの形相が今でも時々思い出され瞬間数秒間固まります。 私は1979年にゴードンに師事するべく渡米したわけですが、渡米前にベニーカーター楽団のメンバーとして来日したCatを楽屋に訪ねて行ったことがあります。その時彼に渡米する予定があるという話をしたらLA…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ステラジャムに出かけます。

仕事終了。明日からのステラジャムに備えて今夜から河口湖入り。 今年はエントリー校も多いので審査委員長としてしっかり責任持って頑張って来ます! 中学~大学バンドのフレッシュで熱い演奏、今から楽しみです。 http://www.stellarjam.com/outline/
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Woody Herman Big Band 1979 - Nice, France

1979年にLAのディズニーランドで聴いたWoody Hermanビッグバンドには完全にノックアウトでした。 記憶は不鮮明ですが、ほとんどこのメンバーだったと思います。ダンスフロアーでダンスもせずに一番前で3ステージも突っ立って聴いていた私を見るに見かねて、リードtpを吹いていたJoeが声をかけてくれました。それから彼とは今までずっと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金管楽器上達考

私が思うに金管楽器上達に必要な要素は最低9つ。 どれからスタートさせて何で終わるかも重要なポイントとなって来ますが、うまく組み合わせて練習して行くことによって、ウインドパワー、ウインドコントロール、タング、フィンガリング、読譜力、耐久力、音域、良いサウンドなどが自然に身に付いて行きます。そして最終的に各要素が一つとなって機能し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Arturo Sandoval "Body and Soul"

CG Brass Campでサンドバルがゴードンに向かって「この曲 (Body and Soul)を捧げます」と 演奏した時のことを思い出しました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Dean Martin, Jerry Lewis & Maynard

これはジェリー・ルイスがバンドに絡むかなり古い映像ですね。 彼はアメリカの最高のコメディアンであると同時にバンドや音楽に対して深い理解が あった人でもあります。 それは80年代にラスベガスのショービジネスが生バンドではなくテープミュージック に変わろうとしていた時、ミュージシャンをクビにする事に対してのストライキの 先頭に立っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

So Cool! Bob McChesney "Look At Me"

Bob McChesney は何年も前から気になっていましたが、IAJE2005@Long Beach, LAで生ボブを聴いて以来共演してみたいアーティストの1人となりました。これもいいですね。クールです。 5月10日はSerendipity18+エリック・マリエンサルですが、次回はボブと共演してみたいですねぇ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

娘の最近の録音

ブラスキャンプ2010の講師であり、ブラスキャンプファンファーレを 作曲してくれたJordan Seigelの最新ピース。 現在コンポーザーとしてLAで活躍しています。 娘の演奏(sax)はデカプリオ主演映画 "Catch Me If You Can"を彷彿とさせる?? ...ってのは褒め過ぎですが(笑) どんどん進んで行って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

When You're Smiling

1928年大恐慌の頃、世の人たちが笑顔を失わぬようにとラリー・シェイによって作曲されたこの曲はコーラスの部分がよく歌われているようですが、実は語りの部分もあるようですね。知りませんでした。語りの部分を読むとよりコーラスの部分の歌詞の深さが伝わって来るような気がします。 私もゴードンによく「keep smiling」と言われました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Freddie Hubbard

Freddieは学生の頃大好きでよく聴いていました。 来日すると必ずコンサートに行き、彼のパフォーマンスに 酔いしれていました。 VSOP@田園コロシアム野外コンサートでは雨に降られまし たがよい思い出です。 オーケストラバックの映像は珍しいですが、サウンドも フレーズもゴキゲンです。 カッコいい~。シビれる~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマスに見たくなる映画

コルネットプレーヤー、レッド・ニコルスの伝記映画「5つの銅貨」。 心温まる物語です(身につまされる部分ありw)。 曲も素晴らしい。 18歳のクリスマスイブに銀座ヤマハホールで見ました。 誰と見たかは秘密(笑) どの場面も好きですが、レッド・ニコルズ役ダニー・ケイがサッチモと絡むシーンは圧巻です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吹奏楽のためのJazzPhonic

ステラジャムの方から昨年、今年の総評を書くように言われて書き 上げたのですが、書いているうちに印象的な事柄がいくつか記憶に蘇って来ました。 その中で私にとって1つ気になるというか、引っかかっているのは高校生以下の部で参加したビッグバンドの形態の学校とコンサートバンド(吹奏楽)の形態で参加した学校の違いです。 ビッグバンド形態の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっぱり Ella が好き

ビリー・ホリディ、サラ・ヴォーン、エラ・フィッツジェラルド、カーメン・マクレェ... みんな素晴らしいことは言うまでもありませんが、中でも学生の頃からエラ・フィッツジェラルドはよく聞いていました。 最近のお気に入りは私の大好きな作曲家、コール・ポーターの曲をエラが歌っているこのCD "Ella Fitzgerald Sin…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いいね。

LAで修行中の娘から報告第2弾。 キャピタルレコードでのレコーディングセッションに潜入。 それもDan Higginsの真後ろで。 アメリカの有名カートゥーン"The Family Guy" のレコーディングだったそうで、リーダー&ボーカルはSeth MacFarlane(シナトラ張りのボーカルだったそう)。 トランペッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more