アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「奏法」のブログ記事

みんなの「奏法」ブログ

タイトル 日 時
【金管】どうしようもなく不調のときの対処法。
【金管】どうしようもなく不調のときの対処法。 ポイントは楽しいことを思い浮かべるなどしてリラックスすること。 そしてゆっくりと丁寧に行って下さい。以下の対処法が参考になればと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/10/30 12:38
エアーをもっと入れろ!
エアーをもっと入れろ! 「Put much air into the horn!」We think many brass player cannot get away without hearing this. H.L.Clarke said same thing to Claude at the first lesson. 「エアーをもっと入れろ!」 金管楽器奏者ならよく言われる言葉です。ゴードンも初めてのレッスンでクラークから「もっとエアー!」と言われました。言うのは簡単ですが、実は真意を伝えるのは以外に... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/11 14:59
Cat Andersonのハイノートフィンガリング
Cat Andersonのハイノートフィンガリング これはCat Andersonのハイノート指使いです。ゴードンとは少し違いますが、こちらも参考になると思います。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/01 13:52
ハイノートのフィンガリングQ&A
ハイノートのフィンガリングQ&A レッスンやワークショップで指使いについてよく聞かれます。 以下参考になればと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/01 13:47
金管演奏に関する不可解な現象
金管演奏に関する不可解な現象 Always the lip, the lip!! It, to our very day gets the blame for all the poor playing or the credit for all of the good playing, but... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/13 11:32
CHEST UP & Calicchio Trp
CHEST UP & Calicchio Trp CHEST UP!! この姿勢をとれば、肺は多くの空気を取り入れることが出来ます。チェストアップさえしていれば、胸と背中の筋肉は、それらが自然に持っている機能を適切に発揮するようになります。また間違った呼吸は出来ないのです。 この姿勢を保てば楽器演奏に必要な肺を取り巻く呼吸筋の発達を促すことが出来ます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/24 17:58

トップへ | みんなの「奏法」ブログ

杉山 正の金管魂 奏法のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる