杉山 正の金管魂

アクセスカウンタ

zoom RSS エアーをもっと入れろ!

<<   作成日時 : 2013/06/11 14:59   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

「Put much air into the horn!」We think many brass player cannot get away without hearing this. H.L.Clarke said same thing to Claude at the first lesson.
「エアーをもっと入れろ!」
金管楽器奏者ならよく言われる言葉です。ゴードンも初めてのレッスンでクラークから「もっとエアー!」と言われました。言うのは簡単ですが、実は真意を伝えるのは以外に難しく、人によって理解が異なる厄介な感覚です。

If you can't blow well, remember the pedal note feelings. When you practice the pedal notes, you find much air is required in order to play pedal tone correctly (without buzz). This helps the feeling which put sufficient air into the horn.
そこで取り入れて欲しいのが、『正しくペダルトーンを吹く感覚』です。ペダルトーンは顎を下げて口の中を大きくし、エアーを十分に入れないとサウンドしません。
このエアーパワーで吹くという感覚が、もっとエアーを入れるという感覚を理解する上でとても助けになります。
ペダルトーンを正しく演奏するにはコツがいりますが、ブラスキャンプ2013ではペダルトーンの取り組み、そしてその効用を徹底的にレクチャーします。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
エアーをもっと入れろ! 杉山 正の金管魂/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる