A列車で行くぜぇ~(杉) Serendipity18 "Take The A Train"

2000人のホールでホーンセクションはno PAだぜぇ~。 ワイルドだろう~(笑)........... 杉。 テナーサックスソロ: 岡崎正典 Serendipity18 woodwind: Steve Sacks, 八巻綾一、岡崎正典、出村道秋、武田和大 trombone: 内田日富,三塚知貴、川原聖仁、堂本雅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Serendipity18 "Caravan" acoustic version.

トロンボーンソロ:三塚知貴 ドラムソロ:八木秀樹 woodwind: Steve Sacks, 八巻綾一、岡崎正典、出村道秋、武田和大 trombone: 内田日富,三塚知貴、川原聖仁、堂本雅樹 trumpet: 杉山正、佐々木大輔、Mike Zachernuk、長堀史 rhythm: 板垣光弘(p)斎藤クジラ誠(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金管レッスン珍問答 クラーク編

生徒:「クラークのテクニカルスタディの練習はppのスラーでやるんですよね?」  私:「それはまったく違います。残念な事にこの教則本は他の偉大な教則本同様、練習方法が詳しく書かれていないのです。現代では各自の練習方法で取り組んでいるのが現状のようですが、クラークはこの教則本に初めて取り組む直弟子達に対してそのような練習方法は指示して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイムカプセル!?

私は1979年に渡米した時にCG Bengeラッカーを購入して、その楽器でIron、Clarke、Systematic Approach他ほとんどのゴードンの教則本をさらいました。 そのためか、CG Benge、特に1979年製のものには特別な思い入れがあります。 本日届いた1979 CG Bengeはまるでタイムカプセルに入っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Serendipity18+Eric Marienthal ライブ終了

昨夜のライブにお越しいただいた皆さま、ありがとうございました。 今回もエリックの素晴らしいパフォームを堪能いただけたと思います! エリックとは何回か共演を重ねて来たこともありますが、私の中でのエリックは前回の共演あたりからアメリカに行っていたメンバーが戻って来たという感じ(笑)  昨夜はサプライズやハプニングもありまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書

先日名古屋に行く際に、新幹線の中で読もうとkioskでふと目に留まった、矢内原忠雄著「キリスト教入門」。 私は信者ではないのですが、名著復刻の帯につられて買ってみました(笑) 以下はその中の「どの宗教を信ずるか」の項からの抜粋です。「宗教」と「信仰」を「奏法」に置き換えて読んでみると、なんと、ゴードンが「道はひとつしかない」と言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Dean Martin, Jerry Lewis & Maynard

これはジェリー・ルイスがバンドに絡むかなり古い映像ですね。 彼はアメリカの最高のコメディアンであると同時にバンドや音楽に対して深い理解が あった人でもあります。 それは80年代にラスベガスのショービジネスが生バンドではなくテープミュージック に変わろうとしていた時、ミュージシャンをクビにする事に対してのストライキの 先頭に立っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

So Cool! Bob McChesney "Look At Me"

Bob McChesney は何年も前から気になっていましたが、IAJE2005@Long Beach, LAで生ボブを聴いて以来共演してみたいアーティストの1人となりました。これもいいですね。クールです。 5月10日はSerendipity18+エリック・マリエンサルですが、次回はボブと共演してみたいですねぇ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more