Cat Andersonのロングトーンアプローチ

画像

Cat Andersonは著書"Trumpet Method"の中で「なぜウォームアップに ”G” なのか、とよく聞かれる。それはこの音が一番出しやすいからだ。この譜面にあるように、ミドルGでささやくようにppp ロングトーンを吹くことは理想的なアンブシュアの育成に役立つ。
私が考えるに、これこそがハイノートの秘密だと思う」と書いています。

<何故この練習がハイノートの秘密なのか!>

MS Brass Camp2013では、これにインスパイアされた”Super Long Tone"を使って実践トレーニングをします。ポイントはこの練習をどのレベルでいつ取り組むか。

乞うご期待!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック