Super Long Tone vol.2<ロングトーン練習の問題点>

画像


1つの音をただ伸ばすだけのロングトーンは、フレキシブル(柔軟性)が損なわれ、アンブシュアが固くなってしまう危険性があります。また、曲にリンクしないロングトーンのためのロングトーン練習となってしまうことが多々あります。
このようにロングトーン練習は素晴らしい効用もありますが、危険性も少なくないのです。
そこで、ロングトーン中でも『動き』や『柔軟性』を損なわないためのロングトーン練習を考えたわけです。

7月13日~15日 菅平高原で開催される第5回MSブラスキャンプでは、曲対応の実践的なロングトーン練習についてさらに深く考察します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック