アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「教則本」のブログ記事

みんなの「教則本」ブログ

タイトル 日 時
【金管】どうしようもなく不調のときの対処法。
【金管】どうしようもなく不調のときの対処法。 ポイントは楽しいことを思い浮かべるなどしてリラックスすること。 そしてゆっくりと丁寧に行って下さい。以下の対処法が参考になればと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/10/30 12:38
エアーをもっと入れろ!
エアーをもっと入れろ! 「Put much air into the horn!」We think many brass player cannot get away without hearing this. H.L.Clarke said same thing to Claude at the first lesson. 「エアーをもっと入れろ!」 金管楽器奏者ならよく言われる言葉です。ゴードンも初めてのレッスンでクラークから「もっとエアー!」と言われました。言うのは簡単ですが、実は真意を伝えるのは以外に... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/11 14:59
Cat Andersonのハイノートフィンガリング
Cat Andersonのハイノートフィンガリング これはCat Andersonのハイノート指使いです。ゴードンとは少し違いますが、こちらも参考になると思います。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/01 13:52
ハイノートのフィンガリングQ&A
ハイノートのフィンガリングQ&A レッスンやワークショップで指使いについてよく聞かれます。 以下参考になればと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/01 13:47
2nd Systematic Approach
2nd Systematic Approach Claude Gordonの代表的な著書、Systematic Approach to Daily Practiceには、この教則本をきちんと終了した奏者のために2nd Systematic Approachと呼ばれるものが存在していました。 ここに紹介したものは私を含めた何人かの生徒に処方された12のエクササイズのうちの一部(手書き)です。 残念ながらこの本は未発表のままとなってしまいましたが、ブラスキャンプ2013ではこれらも紹介したいと思っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/28 14:08
曲中でミスをしないタング(舌)のチャンネル作り
曲中でミスをしないタング(舌)のチャンネル作り Daily Trumpet Routines by Claude Gordon 曲中でミスをしないタングのチャンネル作り Repeat hundreds of times until the notes move easily and you become aware of the tongue moving up and down from "aw" to "Eee". When you "knack" or feel of this, move on to next lesson... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/09 18:26
H.L.Clarke 「Technical Studies」
H.L.Clarke 「Technical Studies」 20世紀における最高の演奏家の一人、コルネット奏者 Herbert L. Clarke (1867~1945) は金管楽器の指導者としてもよく知られており、Elementary Studies、Technical Studies、Characteristic Studies、Setting Up Drillsの4冊の教則本をこの世に残しました。 Elementary Studiesは初心者のための教則本で特に小学生、中学生に与えるとよいと思います。Characteristic Stud... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/11 15:31
勇気百倍、効果百倍、安堵百倍!
勇気百倍、効果百倍、安堵百倍! 私も何度も救われました。 是非セットで読んでみて下さい! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/01 19:13
Super Long Tone vol.2<ロングトーン練習の問題点>
Super Long Tone vol.2<ロングトーン練習の問題点> 1つの音をただ伸ばすだけのロングトーンは、フレキシブル(柔軟性)が損なわれ、アンブシュアが固くなってしまう危険性があります。また、曲にリンクしないロングトーンのためのロングトーン練習となってしまうことが多々あります。 このようにロングトーン練習は素晴らしい効用もありますが、危険性も少なくないのです。 そこで、ロングトーン中でも『動き』や『柔軟性』を損なわないためのロングトーン練習を考えたわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/01 10:52
Super Long Tone 理想的なロングトーン
Super Long Tone 理想的なロングトーン 実は先週音を出せない環境にいたのですが、その時にやってみたスーパーロングトーン練習で「あ、この感覚だ!」と思わぬ発見をしたのでシェアしてみました。参考になれば嬉しいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/28 18:28
フィンガリング
フィンガリング すべての教則本に当てはまりますが、特にクラークの"Technical Studies"、拙著 "Smooth Tonguing"を練習に取り入れている方へ ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/11 17:36
ウインドコントロール
ウインドコントロール 金管演奏の原理、ウインドコントロールの項の初めに次のように書かれています。 「あなたが楽に演奏したいと臨むなら、ウインド・パワーをコントロールすることが基本的なこととして、絶対に必要なことなのである」 ウインド・コントロールについて世間ではあまり語られていませんが、楽器を楽に演奏するにはウインドコントロールの上達が不可欠、且つ最も重要だと言っていいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/13 16:50
Q&A 唇が上手く振動しない
Q&A 唇が上手く振動しない Q:昨日長時間吹いたせいか(休憩はちょくちょく挟みました)、今日になって唇が振動しにくい感じを覚えました。 これは、唇の疲労が抜けてないせいですか? もしくは腫れてるからですか?(見た目に変化なし) こういう時は吹かないほうがいいのでしょうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/13 19:44
Physical Approach と Natural Emboushure in 52 Weeks
Physical Approach と Natural Emboushure in 52 Weeks Claude Gordon著の"Phyisical Approach"(以下PA)は「初心者に焦点があっている」「シンプルで使いやすい」という点で群を抜いていると思います。 金管楽器を志す人達(特に初心者)にとっては最初のアプローチがとても重要で、ここで大半うまく行くか行かないかが決まってしまいます。 この教則本は初心者が行ないがちな行き過ぎたロングトーン、何の根拠もない間違った呼吸法、唇だけのバズィング、マウスピースだけのバズィングなどといった意味のない練習で悪い癖をつけることなく、良... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/05 17:17
Daily Trumpet RoutinesとSmooth Tonguing
Daily Trumpet RoutinesとSmooth Tonguing Claude Gordon著のDaily Trumpet Routines (以下DR)については、現在LAで活躍しているトップスタジオトランペッターの1人で兄弟子でもあるBob O'Donnellが次のように述べています。 ツアーや様々な場面での体験を通して、音域、耐久力、そしてそれらを正確に演奏することが今日の現場に必要不可欠だと知りました。 クラウドは素晴らしい先生としてだけでなくこの“本物の教則本”であるDAILY TRUMPET ROUTINESを私に与えてくれました... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/02 18:43
High Air Buildが生まれた背景
High Air Buildが生まれた背景 30年ほどの間、生徒達にゴードンのSystematic Approachを処方して来ましたが、途中でギブアップしてしまう生徒が多数いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/29 19:40
ジャズアーテュキレーションを学ぶ
ジャズアーテュキレーションを学ぶ ジャズアーテュキレーションを学べる素晴らしい本の紹介です。 この本はサックスのために書かれたものですが、金管奏者も恩恵にあずかれます。 音域は少し高めとなりますが、レッスンではジャズがメインの生徒にはこの本を取り入れています。 音が高すぎる場合は1オクターブ下げてみて下さい。 感覚でスイングするのではなくきちんとした図式でスイングを学んだのち、それを基にそれぞれのフィーリングで演奏するといいと思います。 ジャズアーテュキレーションを学ぶにはこの方法が以外に近道なんですねぇ。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/13 17:37
金管レッスン珍問答(CGとの会話)
金管レッスン珍問答(CGとの会話) 私「Systematic Approachが終わったら何をやるんですか?」 CG「Thirty Velocityだよ」 私「でその次は?」 CG「それで終わりだよ」 私「えっ! レンジスタディはやらないんですか???」 CG「そうだよ」 私 不安で絶句... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/28 14:58
金管楽器上達考
金管楽器上達考 上達するには教則本の使い方もとても重要です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/13 17:16
10代のための金管教本が発売開始。
10代のための金管教本が発売開始。 10代のブラスプレーヤーおよび金管初心者のための金管教本がアマゾンにて発売開始。 金管楽器上達に必要な要素を順序を考えてバランスよく配置しました。 練習して行くことによって、ウインドパワー、ウインドコントロール、タング、フィンガリング、読譜力、耐久力、音域、良いサウンドなどが自然に身に付いて行きます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/11 22:57
金管レッスン珍問答 クラーク編
生徒:「クラークのテクニカルスタディの練習はppのスラーでやるんですよね?」  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/18 12:13
Smooth Tonguing を練習に取り入れてくださっている方へ
Smooth Tonguing を練習に取り入れてくださっている方へ 「金管演奏の原理」p63に書かれている以下の事柄がとても参考になると思います。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/29 21:43
新教則本 Smooth Tonguing
新教則本 Smooth Tonguing この教則本を書くにあたって私は多くの優れた教則本の中でも特に クラークのTechnical Studies、St. JacomのGrand Method、Claude GordonのThirty Velocityにインスパイアされました。しかし出来上がってみると、どれにも似ていないオリジリティに富んだものとなりました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/20 17:06
とんでもないものを書き上げてしまった...
とんでもないものを書き上げてしまった... 水行末さんの計算によると、なんと終了するまでに44年間かかってしまう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/14 08:59
いにしえの教則本 Gatti
いにしえの教則本 Gatti 金管演奏の原理で紹介されている教則本の中にGatti があります。 私は79年からゴードンに師事したのですが、この教則本はそれ以前の弟子達に処方されていたようです。 ずっと気になっていながらも手に入らない教則本だと諦めていたところ、テナーホーンの藤井さんがイタリア版のものをネットで見つけて、先日のレッスンに持って来てくれました。多謝。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/04 17:26
Systematic Approach 続編 が実は存在する
Systematic Approach 続編 が実は存在する Claude Gordon著の「Systematic Approach to Daily Practice」を完全にやり終えた生徒のためにその続編が存在します。 私は1991年のレッスンで、まだ出版される前の手書きのSA続編をゴードンから渡されました。 SAの続編なのでSAをお持ちの方は想像出来るかも知れませんが、気絶するような内容となっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/23 17:58
サウンド、アンブシュアの改善、そして耐久力を得るための「スーパーロングトーン」
サウンド、アンブシュアの改善、そして耐久力を得るための「スーパーロングトーン」 中学で吹奏楽部に入部した時から毎日のように練習させられたロングトーン。 それはただ1つの音を伸ばし続けるだけのものでした。 それからも高校、大学、そしてゴードンに師事するまで飽きずにロングトーン。 しかし、進歩するどころか後退さえ感じた時もありました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/15 19:47

トップへ | みんなの「教則本」ブログ

杉山 正の金管魂 教則本のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる