アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ブラスキャンプ」のブログ記事

みんなの「ブラスキャンプ」ブログ

タイトル 日 時
エアーをもっと入れろ!
エアーをもっと入れろ! 「Put much air into the horn!」We think many brass player cannot get away without hearing this. H.L.Clarke said same thing to Claude at the first lesson. 「エアーをもっと入れろ!」 金管楽器奏者ならよく言われる言葉です。ゴードンも初めてのレッスンでクラークから「もっとエアー!」と言われました。言うのは簡単ですが、実は真意を伝えるのは以外に... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/11 14:59
2nd Systematic Approach
2nd Systematic Approach Claude Gordonの代表的な著書、Systematic Approach to Daily Practiceには、この教則本をきちんと終了した奏者のために2nd Systematic Approachと呼ばれるものが存在していました。 ここに紹介したものは私を含めた何人かの生徒に処方された12のエクササイズのうちの一部(手書き)です。 残念ながらこの本は未発表のままとなってしまいましたが、ブラスキャンプ2013ではこれらも紹介したいと思っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/28 14:08
【MS Brass Camp What's New】スパイロメーター
【MS Brass Camp What's New】スパイロメーター 今年は受講者参加型のレクチャーをとお願いしていた福田先生からgood news! 病院で購入することになったスパイロメーター(肺機能を検査する医療機器)をMS Brass Camp2013に持って来て下さることになりました! 実際に金管演奏とリンクする部分を医学的な観点からスパイロメーターを使って皆さんの肺活量と一秒量を測定してくださるそうです。このレクチャーはおそらく日本初となると思われます。 ブリージングエクササイズ経験者と非経験者ではどのように違うのか、興味深い結果が出そうで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/20 18:48
Cat Andersonのロングトーンアプローチ
Cat Andersonのロングトーンアプローチ Cat Andersonは著書"Trumpet Method"の中で「なぜウォームアップに ”G” なのか、とよく聞かれる。それはこの音が一番出しやすいからだ。この譜面にあるように、ミドルGでささやくようにppp ロングトーンを吹くことは理想的なアンブシュアの育成に役立つ。 私が考えるに、これこそがハイノートの秘密だと思う」と書いています。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/04 16:48
まずパワーをつける。ウインドパワーのない奏者はウインドコントロールは出来ない。
まずパワーをつける。ウインドパワーのない奏者はウインドコントロールは出来ない。 【まずパワーをつける。ウインドパワーのない奏者はウインドコントロールは出来ないのです】 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/28 16:37
エアーは肺にしか入らない。
エアーは肺にしか入らない。 ブレスすると、エアーは胸(肺)に入ります。間違ってもお腹(腸)には入りません。 腹は食べ物を取り入れるためにあるのに、なぜエアーを腹に入れなさいと言う人々がいるんでしょう? 腹は食べ物を消化するためにあるのであって、エアーをブローするところではないのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/09 17:45
ブラスキャンプ2012最終日レポート
ブラスキャンプ2012最終日レポート The report on the last day. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/30 16:35
MS Brass Camp2012ー2日目レポート
MS Brass Camp2012ー2日目レポート MSブラスキャンプ2012 2日目レポートをアップしました。 http://www.masashisugiyama.com/brasscamp/report/msbc2012report2.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/29 19:48
MS Brass Camp 2012無事終了
MS Brass Camp 2012無事終了 素晴らしく濃密な3日間でした。 参加された皆様、講師、スタッフの皆様ゲストスピーカーのラリーに感謝です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/16 23:49
MS Brass Camp News<Brass Camp2012新着情報その8>
MS Brass Camp News<Brass Camp2012新着情報その8> <楽器ケア> 掃除の仕方、オイル、グリスの差し方などプロ、アマチュアを問わず案外疎かになっているこの分野。 金管プレーヤーにとって、武士の魂とも言える刀と同様、楽器のケアは最優先重要事項です。 オイル、グリス、クロス、掃除道具などの正しい選び方と正しい使用法を金管楽器を愛してやまない深谷政巳講師が丁寧に解説します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/11 16:54
MS Brass Camp News<MS Brass Camp2012 新着情報その7>
MS Brass Camp News<MS Brass Camp2012 新着情報その7> 名立たるビッグバンドやコンボ、スタジオワークなどで活躍中のトロンボーン&チューバ奏者、そしてステラジャムの審査員でもある堂本雅樹によるジャズインプロヴィゼーションクラス。 昨年はATN出版の「ジャズ・コンセプション」を教材に耳コピの方法(@聴く A聞いたフレーズを歌う Bそれを楽器で演奏してみる)を分かりやすく丁寧に指導してくれました。 今年はこれらを復習しつつ、次のステップに進むようです。 ジャズ初心者も気楽にトライしてみましょう! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/10 18:25
MS Brass Camp2012 News <MS Brass Camp2012 新着情報その6>
MS Brass Camp2012 News <MS Brass Camp2012 新着情報その6> インナーギャラクシー、ゲイスターズ、ブルーコーツ、日野皓正&ハバタンパ、Serendipity18などに参加し、TVのショー番組(伝説的な「8時だよ、全員集合!」も含む)やスタジオワークでも活躍し、40年余の経験を持ち常に一線で活躍して来た内田日富がジャズアンサンブルを指導します。 業界の裏話やこぼれ話も聞けるかも(笑) 大学から小学生バンドまで楽しく分かりやすい指導には定評あり。 ちなみに私とは高校時代の同じクラスで学んだ仲です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/09 14:42
MS Brass Camp News <MS Brass Camp2012新着情報その5>
MS Brass Camp News <MS Brass Camp2012新着情報その5> ジョイブラス菅平店が14日と15日の自由時間にオープンします。 Joe Marcinkiewicz MSマウスピースはじめ、推奨するトロンボーン、ホルン、ユーフォニウム、テューバマウスピース、楽器(Bach MSS, Marcinkiewicz CG モデルTp)など心行くまで存分にお試し下さい。 この他にもブラスアクセサリー、教則本なども並びますのでどうぞご利用下さい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/08 17:40
MS BRASS Camp2012 news <MS Brass Camp2012 新着情報その4>
MS BRASS Camp2012 news <MS Brass Camp2012 新着情報その4> マウウピース・マッピングの講義で使う大量の金管マウスピースとホースがついた道具(?)が、今回のブラスキャンプ特別講師のラリー・スーザから届きました。 ほとんどが私が見る初めてのマウスピースです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/07 16:34
MS Brass Camp2012 news <MS Brass Camp2012 新着情報その3>
MS Brass Camp2012 news <MS Brass Camp2012 新着情報その3> 日本を代表するトランペット奏者、作曲家、編曲家、また「クリフォード・ブラウンの軌跡」他の著者でもある吉田憲司さんは毎年ブラスキャンプを訪れてくれています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/06 13:10
おぉ、立派になったなぁ。
おぉ、立派になったなぁ。 私の生徒で音大4年生からアメリカ留学の相談を受けていたので、 いろいろ調べていたらCSUN(カリフォルニア州立大学ノースリッジ校) の音楽学部教授になんと弟弟子のRich Hoffmanの名前を見つけた。 http://www.csun.edu/music/BioHofmann.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/30 15:40

トップへ | みんなの「ブラスキャンプ」ブログ

杉山 正の金管魂 ブラスキャンプのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる